刑事事件は弁護士の利用で解決できる~モヤモヤ悩みを解決~

弁護士

交通事故など被害

男性

すぐに弁護士に相談しないこと

交通事故の被害にあったとしても、すぐに弁護士に相談しないように注意をしなくてはいけません。 弁護士に相談しても交通事故に関する事情やそれに関する物的な証拠がない限り、弁護士も対応しようがないからです。 弁護士に相談するのは、交通事故によって生じた被害がどの程度なのかをきちんと把握してからでも遅くはありません。 事故に関する証拠は、全て物的証拠として手元に置いておかないと示談交渉の場で被害者が望む金額を請求することが出来なくなります。 この証拠は、客観的に事故によって生じたものであることを証明できなくては意味がありません。 例えば、病院から貰った診断書やそれに関する費用の明細書です。 これらを持っていれば、弁護士に相談することできちんと保険が適用されて賠償請求をすることが可能になります。

より多くの賠償を請求する方法がある

交通事故の被害にあったときには、なるべく多くの賠償を請求しなくてはいけません。 そのためには、慰謝料請求と損害賠償請求を同時に利用することが大切になるのです。 慰謝料請求と損害賠償は、法律的な権利の所在が全く異なるため同時に加害者に対して請求することが可能です。 損害賠償に関しては実際に損害が出た程度で賠償をしてもらえるため、交通事故の場合は自動車が大破してしまったことを証明すれば事足ります。 慰謝料請求と損害賠償の相場はそれぞれのケースによって異なるため、わからないときには弁護士に計算してもらわなくてはいけません。 弁護士に対する相談は、実際の金額を請求する場面や計算する場面で初めて相談すれば間に合うため、それまでに余計な費用を支払う必要はないのです。