刑事事件は弁護士の利用で解決できる~モヤモヤ悩みを解決~

弁護士

事業の形態

スーツ

保険商品を利用することが人気の理由

起業によって事業を行っていくためには主として2つの形態で事業を行っていくことになります。法人として事業を行っていく方法もしくは個人事業として事業を行っていく方法です。前者は、法人税法に基づいて税額を計算するのに対して後者は所得税法に基づいて税額を計算します。最近では、法人の設立が以前に比べると容易に設立することができるようになったため法人形態を利用する人も増えています。 いずれの形態で事業を行い利益が出た場合には税金を納めることになります。そこで税額を抑えるためにさまざまな節税策を用いて税額を減らすということがあります。法人税についての相談を専門の税理士などにすることもできます。また法人税を節税するためによく利用されるのが保険です。各社で用意されている保険商品を利用することができます。

さまざまな節税策が世の中で考えられている中でなぜ保険がよく利用されるのかという点があります。その理由として考えられるのはより手軽に利用することができるという点があります。保険商品については保険各社でこぞって新商品などが発売されておりそのたびに法人税を節税する方法が考えられています。また法人税を少なくするという目的だけでなく、その保険の本来の目的や機能も備えていますのでより利用が増えているという面があります。 保険を利用するとなぜ節税になるのかというと、その掛金が損金として算入することができるからです。また満期保険金や保険事故の発生による保険金の受取の際には退職金を受給するなどの方策を取ることでより節税効果が高まります。