刑事事件は弁護士の利用で解決できる~モヤモヤ悩みを解決~

弁護士

弁護士の活用

スーツ

弁護士に対する報酬はどこも同じ

弁護士に対する報酬の考え方はどこも同じです。 相談料金だけならば内容によって無料で相談に乗ってくれることもあるため、まずは料金体系を調べる必要があるのです。 基本的に、弁護士への法律相談は30分ごとの時間給となっています。 30分ごとに料金が上乗せされていくシステムを採用しているため、相談時間が長いほど料金は高くなるのです。 一般的に設定されている法律相談の料金は30分あたり5000円程度です。 そのため、30分以内で相談を終えることができれば非常に安い料金で依頼をお願いすることができます。 また、弁護士に法律相談したとしても事務手続きに着手しない限りは他の費用は支払わなくても構いません。 これは相手から請求されたときでも同じなので注意をすることが大事です。

まずは事務所を探すこと

弁護士に法律相談をするときには、まず弁護士の事務所を探すことが大切です。 そもそも、弁護士によっては専門としている分野が全く異なることもあります。 確かに、弁護士は民事上のトラブルを解決してくれる専門家ですがその中でも得意なものは細分化されています。 例えば、交通事故に強い弁護士もいれば離婚問題に強い弁護士もいるのです。 では、なぜこのような違いが大切になるのでしょうか。 それは、専門としている分野の方が慰謝料などの請求で有利な立場に立つことが出来るからです。 慰謝料などを示談や裁判で請求するためには、弁護士の専門的な知識と経験が必要になるのです。 そのため、特定の分野に特化した弁護士の方が上手く案件を処理してくれます。